スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【5】誇りし弓を

転生したりしてたら一ヶ月半も空いちゃったよ・・・。
そしてだんだん小説が長くなる・・・。

今回はエルフ族の衛兵メレオナさんが主人公です。
エルフ族が樹下の都へ行って最初に会う人だから、覚えてる人も多いのではないでしょうか。
35と46のクエストにも出てくるしw

ちょっと今回オリジナル要素強いですが、まあぐったりと読んでいただけるとw
むきゃきゃ( ̄∇ ̄*)



***********************************************************

その手は、暖かかった。
残照を背に身をかがめる肢体は美しく、差し出された細腕は、さながら未来へと続く道のようだった。そして何よりも、白く皇かな指先には、確かに暖かな希望の火が灯っていた。
だから少女は手を伸ばした。勇気を振り絞り、夜の帳に彩られた獣道に決意の一歩を踏み出すように。あるいは、夢に出でし銀翼の堕天使に、妖しく導かれるように。
指先と指先が、掌と掌が、降り注ぐ陽光の中そっと触れ合う。
齢にして千を数える大樹の下で交わされた、確かな誓い。
その瞬間、少女は戦士となった。


「入りなさい」
古びた木戸を数度叩くと、その声はすぐに飛んできた。耳慣れたソプラノが耳朶を撫で、大きな安心感となって胸に広がる。この声を聞くのは幾月ぶりか。戻ってきたんだ。そんな思いが、僅かに気持ちを昂ぶらせた。
失礼します、と一声掛け、静かに戸を押し開く。視線をやや下に向けたまま部屋の中央に進み、そっと跪いた。
「樹下警邏第三部隊長メレオナ、ただ今帰還致しました」
懐かしさに弛緩しめる感情を低い声で抑えつけ、メレオナはお決まりの文句を告げる。絨毯の長い毛足が、膝先をくすぐって心地よい。
「よく戻りました。顔をあげなさい、メレオナ」
頭上に注がれる落ち着いた音色。小さく答え視線を上げると、豪奢な木机の向こうで、赤髪の長はとても柔らかな表情をしていた。やや切れ長の涼しげな瞳に、高く通った鼻筋。磁気を思わせる白肌と、暗みがかった赤髪が織り成す鮮やかなコントラスト。四種族長中唯一の女性であるエルフ族の長は、重ねた齢を伺わせぬ美貌を今日も保っている。蟲惑的に濡れた唇から言葉が紡がれ、メレオナは自身が見とれそうになっていたことに気がついた。
「お前の帰還に先んじて、祖龍の長老から書簡が届いています」
長は机上の小さな封筒を取り上げ、指先で軽く振ってみせた。
「書簡、ですか・・・?」
メレオナはこの数ヶ月、眼前の長より命を受け、樹下の都より遥か東方の祖龍の城に赴いていた。不在の間に届いたらしい書簡への言及に、何か粗相があっての指摘かと、思わず身が固くなる。
それに気がついたのか、長は少し笑って、言った。
「主題は来月の四種族会合の仔細についてです。その中で、お前について少し触れた箇所がありました。読み上げましょう」
細い指先が羊皮紙に踊り、形の良い唇が幾分固めの文章を音色へ変える。長い睫が揺れた。
「今刻の怨霊軍団の強襲に際し、ご尽力いただいた貴国のメレオナ殿ですが、当城弓兵隊における指揮統率、まさに辣腕と言う他なく、弓士としてのお力は言わずもがな。付き従った者に聞けば、何と怨霊統帥が片の眼を一里※の先から射抜いたとのこと。四種族会合の折にはぜひとも長殿にご帯同いただき、当城弓兵隊への再度のご指導願いたい」
だそうです、と付け加え、長はまた微笑む。思いがけず過多な賛辞に、頬が朱に染まるのが分かった。
「良い戦士になりましたね。メレオナ」
「あ・・・」
長の言葉に、思わず声が漏れる。嬉しかった。他の者が聞いたなら並の賛辞にすぎぬその言葉。メレオナには、何よりも意味のあるその言葉。誰にも言わず、ずっと目標にしてきたその言葉。目頭に、にわかに熱いものが込み上げた。
「さあ、堅苦しい話はここまでです。長旅で疲れていることでしょうし、兎に角今日はゆっくりと休んで・・・」
旋律のような優しい響きが一瞬途切れ、続けられた言葉にはやや、苦笑が混じる。
「まったく・・・。どれほどに強くなっても、泣き虫だけは直らないのですね」
泣き顔を見られまいと再び足元へ向けた視線。ぼやけた視界に、静かに影が落ちる。
目の前に両の膝をついた長の手が、メレオナの背にそっと伸びる。優しく、抱きしめられた。
「あなたは本当に、頑張っていると思います。誇ってよいのですよ」
耳元で囁かれるどこまでも暖かな言葉。大粒の雫がまた一つ、瞳に溢れた。
抱きしめられながら、長の胸元で小さく頷く。
「はい・・・。母さん」


お世辞にも、幸福な生い立ちとは言えなかった。
母の名はとうに記憶になく、父の名はもとより知らない。
幼くして大樹の下の捨て子となった少女は、あの日ただただ、泣き続けていたように思う。
のしかかる現実を拒絶し、己の無力を呪いながら、溢れ出す悲しみをひたすらに涙に変えて。
涙し、涙し、また涙し。どれほどに泣き疲れても、悲しみの螺旋は決してその回転を止めようとはしなかった。
幼子(おさなご)の鳴き声に気がついた赤髪の女性が、美しいその手を差し伸べてくれるまでは。
「強くなりなさい」
彼女は言った。
「これまで愛を注がれてこなかったのなら、その分これから、周囲に愛を注ぎなさい。誰よりも皆を愛し、誰よりも今を愛す。愛なき悲しみを知るあなただからこそ、それはできること。エルフ族の誇りを胸に、そんな・・・」
一呼吸。
「そんな、良い戦士になりなさい」
優しげに奏でられた、今と変わらぬソプラノが、耳慣れたオルゴールの音色のように、小さな胸の奥深くに沁みこんだのを覚えている。
「いきましょう。あなたの居場所へ」
その女性に手をひかれ、大樹並び立つ都を回った。
道行く人々が皆、優しい言葉を掛けてくれた。
木の香りに充ちた大きな家で、暖かなスープを飲み干した。
一度は凍てついた悲しみの氷壁が、薄味のスープの熱に溶けたのか、大粒の涙がこぼれては止まらなかった。
「お名前は・・・?」
毛布に包まり、暖炉の熱にまどろみながら、女性にそう聞かれた。名も答えられぬほど幼くはなかった。それでも、躊躇した。悲しみに彩られたその名を口にすることで、目の前の仄かな幸福が、もろくも瓦解するような気がした。
困りましたねぇ。黙り込む少女に、赤髪の女性は小首をかしげ、やがてこう言った。
「では、ここでの名前を決めてしまいましょう。呼び名がないと、不便ですからね」
しばしの沈黙。そして。
「メレオナ、というのはどうです?エルフ族の古い言葉で、愛せし者、という意味です」
慈愛に満ちた、美しい女性の笑顔。
数日の後、共にくらす彼女が、エルフ族を束ねる長であると知った。


草原を駆ける。
足元に纏う白鷹の力。愛用の弓を握り締め、目標地点へ最短距離で。
耳を打つ怒号が、徐々に大きくなっていく。
辿り着いた。
多数の弓兵と精霊師に囲まれた、巨大な影。
豪雨のように降り注ぐ矢嵐をものともせず、巨大な腕を振るう獰猛なその姿。数人の弓兵が、軽々と吹き飛ばされるのが見えた。
彼女の姿に気がついた兵士達が、次々と此方を振り返る。幾ばくかの安堵が、それぞれの表情に見えた。
一瞬止んだエルフ達の攻勢をいぶかしんでか、悪魔の視線がのそりと彼女を捕らえる。
怨霊統帥ジェノサイド。祖龍城の強襲に失敗した怨霊軍団が長。樹下の都への帰還から3日目、平和な日常はいとも簡単に破られた。
樹下の都へ怨霊軍団強襲の報を自室で聞き、おっとり刀で飛び出した。
「ふ・・・」
全身がざわめき、血が昂ぶる。巨悪の眼差しが、誰だと問うているように見えた。
「私はメレオナ。樹下警邏第三部隊が長にして、誇り高きエルフ族の戦士、メレオナ!」
守り抜く。愛する仲間を。愛する都を。愛する母を。
番えた矢に胸いっぱいの思いを乗せ、彼女は今日も、弓を引く。

-了-
***********************************************************

※一里…約500メートル。日本では約3.7キロを指すが、中国のゲームなので中国基準。

【3】交渉人

妖精ネタが続いてあれですが…。
テイミングって、実際どんなスキルなんでしょう?
Mobを強制的に支配下におくスキルなのか、催眠術のようなものなのか、あるいはテイミング自体はただ卵にするだけのスキルで、ペットになってもらうための交渉は別におこなっているのか。
1つ目が三人称、2つ目が一人称の小説だったので、3つ目は珍しい二人称で。
Mobになったつもりで読んでくださいましw

******************************************************
うん。こんなもんかな…。
動いちゃだめだよ?もう絶対勝てないから。
自分でも、体力が残ってないの分かるでしょ?ポイズンショットあと1発で、君、死んじゃうよ?
そう、それでいいの。おとなしくしていてね?そうすれば、とどめ刺したりしないから。
え?なんで殺さないのかって?えへへ。実は君に、ちょっと話があるんだ。聞いてくれる?そう、ありがとう。
ところで君って、強化Mob?あ、もしかしてBOSSだったりして?
違うの?へぇ、ちょっと意外かも。だってすごく強かったから。てっきりそうなのかと思っちゃった。
やだ、お世辞じゃないよー。本心だって。ほ・ん・し・ん♪
君のレベルがあがったら、わたしなんて、きっと簡単にやられちゃうよ。
え?レベルはあがったりしないって?あ、知らないんだ。レベルはねぇ、実はあげられるんだよ?
どうやるのか知りたい?どうしよっかなぁー、あはは、冗談冗談、教えてあげる。でも、秘密だよ?
レベルを上げるにはね、わたしたち妖精と協力して、一緒に戦えばいいの。簡単でしょ?君にだってできるよ。まあ、わたしのペットになって、協力関係を築いたら、だけど。
んふふ、興味ある?そうだよねぇ、君だって、もっと強くなりたいよねぇ。才能あるんだもん、レベルがあがったら、いったい君、どのくらい強くなっちゃうんだろう。
あ、そーだ忘れてた。えっとー、どこにしまったかなぁ…。
ああ、あったあった。じゃーん!これなーんだ?
いい匂いするでしょ?食べてみる?だいじょうぶ、毒なんて入ってないから。
はい、どーぞ!
あはは、すごい食べっぷりだねぇ。もしかしてお腹すいてた?どう?おいしいでしょ?って、聞いてないか。
ゆっくりお食べ。誰もとったりしないから。
あ、そろそろ食べ終わったかな?
はい、お粗末様でした。
え?今のは何かって?今のはね、精肉っていう食べ物。高級品なんだよ?初めて食べたでしょ?
わたしと一緒にくれば、今みたいなのだって、毎日食べさせてあげられるんだけど…。
あは。迷ってる迷ってる。どう?
強くもなれるし、おいしいものもわたしが用意してあげるから、狩だってしなくていい。人に襲われることもないしね。
君にとっても、悪くない話だと思うけど…。
どうだろ?わたしのペットに、なってみる?
はい。いいお返事です♪
それじゃ、今日から君は、わたしのペット君だね♪
よろしくぅ。仲良くしようね。
ああ、そうそう。正式に君をペットにするのに、ちょっとした儀式が必要なの。だからもうちょっとだけ、おとなしくしていてね。
心配しなくていいよ。痛くしたりしないから。
それじゃ、いくよ?

万獣の神の名において説かん。今ここに血の盟約を結びけり。汝が四肢は我が敵を討ち、汝が瞳は我が道を拓かん。種違えし同胞(はらから)に、朽ちることなき祝福を。
穿(うが)て!嗣従(しじゅう)の楔(くさび)!…テイミング!!

-了-
******************************************************

【2】失われた魂

レベル23で受けられるクエスト「失われた魂」より。
フィールドボス「ボアトータス」を討伐後、トウマにクエストアイテム「妖怪の内胆」を届け、祖龍の城東の桟橋にいるピッキに報告に戻るシーンを文章化しました。

ゲーム中ではあっさりしたクエストですが、実際の様子は、こんなところだったかもしれません。


********************************************************
「ここでいいよ、アキツハ。ありがとう…」
軽く尾を振り、主の命に受諾の意を示すと、錆色の蜻蛉はその姿を消した。
 桟橋に着地。僅かに湿り気を含んだ潮風が頬を撫で、たなびいた自慢の銀髪が輪舞のごとく首筋に踊る。
 背後から響いた小気味良い着地音に気がついたのか、海を見つめていた若年の女性がこちらへ振り返った。
 改めてその姿を目にし、胸が痛む。
 泣き濡れて腫れ上がった両の瞼。胸元できつく握られた小さなこぶし。声が枯れるほどに泣いたのだろう、妖精さん、と弱々しくわたしを呼ぶその声は、可哀そうなまでに掠れきっていた。
 悲哀に端正な顔を歪めながら、しかし意を決した様子で、彼女は問うた。
「夫は…トウマは、どうしていましたか…?」
夫の名を口にしたことで、再び感情が爆ぜたのだろう。揺らぐ彼女の瞳に、また大粒の涙が浮かんだ。一度軽くうなずいてみせ、わたしは口を開く。不安にさせないように、彼女の心の傷が少しでも早く癒えるように、ゆっくりと、できるだけ柔らかく言葉を紡ぐ。
「トウマさんは、もう大丈夫だよ」
沈みきっていた彼女の表情に、微かな光が差す。縋るように、あるいは訝しむように、震える声で、本当ですかと呟いた。
 先ほどより、もうひとつ大きく頷き、わたしは続ける。
「ピッキさんへの伝言も、ちゃんと預かってきたよ」
彼女の濡れた瞳が、ごく僅かに見開かれた。悲しそうに眉を寄せ、愛する夫からの言葉を、ずっと聞きたかった言葉を、ただの一言も聞き逃すまいと薄い唇を固く結ぶ。一呼吸。
「自分はもう大丈夫だから、心配するなって。もう、泣かないでほしいって」
暗い海中で耳にした、その人の言葉。愛に満ち溢れた、妻への言伝。
「悲しい歌も、もう歌うことはないって。それよりも、2人でいたころのような、幸せだったころのような、楽しくて優しい歌を、ピッキさんには歌ってほしいって」
ピッキの目尻から、大粒の雫がついに溢れ出す。大丈夫。ちゃんと伝えるよ、トウマさん…。
「ピッキさんの歌声は、ちゃんと自分に届くからって。暗い水底からは出られなくても、抱きしめることは叶わなくても、ピッキさんの歌が、自分に勇気をくれるからって…」
「トウマ…」
夫の名を呟き、彼女は桟橋にくず折れる。閉じられた瞳から溢れた雫が、頬を流れ、口元に添えられた指を伝い、垂れ落ちて、足元を濡らす。何度も何度も、消え入りそうな声で、愛する人の名を繰り返しながら、嗚咽を漏らす。その姿に、少しだけ目頭が熱くなった。
「ありがとうございます…妖精さん…」
まともに聞き取ることすら叶わない、嗚咽まみれの謝辞。涙に濡れたその言葉が、とても温かい。
 とめどなく溢れ出る雫は、昨日まで流していたものと同じ涙だけれど、でも本当は、少しだけ違うんだよね、ピッキさん。
 今あなたの指先を濡らすその雫は、わたしには何だか、輝いてみえるもの。
 何故だかぼやけた視界の中、小さな肩を震わせて泣き続ける彼女の姿は、とても悲しくて、とても儚げで、そしてとても、美しかった。

   ・
   ・
   ・

 ふと目を覚ます。
 全身に降り注ぐ暖かな陽光。どうやら眠ってしまっていたらしい。
 数日前に、桟橋で出会ったひとりの女性。彼女の夢を、見ていた気がする。彼女は今どうしているだろう。元気にしているだろうか。またつらい気持ちや、寂しい想いを抱いてはいないだろうか。あれ以来、桟橋には立ち寄っていない。少し、心配になった。
 背もたれにしていたらしい天球儀をよじ登り、目を閉じ、耳を澄ます。
 うん…。大丈夫みたい。
 天球儀から飛び降りて、空に向かって大きく伸び。
「んー!いい天気ぃー」
 晴れ渡る祖龍の空には、愛に満ちた軽やかな歌声が、今日も響いている。

-了-
********************************************************

【1】秘宝洞窟の激闘

79D秘宝洞窟のBOSS「アマス」とナックル使用女戦士とのタイマンを描きました。
文中で使用している技はナックル59スキル「フレイムバスター」。
最後に手に入れているものはアマスのドロップする鋳具「アマスのリング」です。


**************************************************
 吹きすさぶ烈風。
 硬音轟かす大振りの刃が鼻先を掠め、少女は思わず後ずさる。相対する暴力は余りにも強大。鋼鉄のごとき筋肉を纏う肉体は天をつくように巨大で、対する自身の身体は細く脆い。儚げとすら表されるその体躯は、いまや強靭な獣の牙を前に逃げ惑う兎の態だ。
 迫りくる破壊の連鎖から身を転がして離脱し、棒切れのような白い両腕を前方に突き出す。片膝をついてその高さを固定し、粉塵舞う暗闇に伸びた両の手首を付け合せるように、掌をしっかりと開いた。
「っ・・・」
耳元でも聞き取れぬほどの、ましてや風切る爆音の中では到底捉えようもない小さな声で、少女は呟く。薄桃色の可憐な唇が震えるように微かに開き、強く閉じられた瞼は、一呼吸置いてゆっくりと持ち上がる。漆黒の闇の中、たゆとう様に揺らぐダークブラウンの瞳が、刹那はっきりとそれを捉えた。
「終わりにするよ、海賊王アマス・・・」
粉塵は風を受け、ゆっくりと霧散する。圧倒的な威圧感を持って、大太刀を背負う巨躯が距離を縮めてきた。丸太のような大腿筋が隆起し、一瞬の間の後、その暴力は宙を舞う。
−ぐおぉおおおおおお
獣の咆哮が大気を震わせる。痺れる鼓膜。間髪を入れずに、その鼓膜目掛けて大太刀が右上方から振り下ろされた。少女の身体は巨刃の一撃をまともに受け、全身の骨の砕ける耳障りな音とともに、再び舞い上がる粉塵に埋没する、はずだった。
 微かな驚きとともに、獣の両目が見開かれる。その視界の中、少女はゆっくりと背後に倒れこんでいく。大太刀がその身体に打ち下ろされる瞬間、正に紙一重のタイミングで、少女は一撃をかわしていた。手首を付け合せた姿勢をそのままに、全身の力を抜き、剛なる風圧を利用するかのように、素早く後方に倒れこんだのだ。
「惜しかったよ。きみ・・・」
暗闇に向かって、いや、巨躯を誇る獣の顔に向かって、手首を合わせ突き出された細腕の先から、巨龍が息吹のごとき熱波が迸る。
―がぁああぁあああ
蜘蛛の子を散らすように獄炎の閃光に後退する暗闇とともに、再び空気を揺らす絶叫。発せられた殲滅の火炎は一筋の閃光となり、寸分の狂いもなく獣の眉間を貫いていた。
 岩盤の爆ぜる轟音。どこか心地よい地響き。少女は風に舞う精のように軽やかに身を起こし、僅かにその口角を吊り上げる。両の手で全身の土ぼこりを適当に払い落とすと、なぎ倒された巨木のようなそれに歩み寄った。僅かに痙攣を続ける巨体からは、ゆっくりとその魂が梳かれようとしている。蠱惑的な笑みを浮かべた口元をそのままに、少女はそっとその巨躯の中心、鍛えぬかれ大きく隆起した胸に手を伸ばした。
「もらっていくね、その力・・・」
再び指先から発せられた閃光が、しかし今度は穏やかに敗者の全身を包み込む。淡光は徐々に痙攣する巨躯を離れ、少女の眼前、虚空へと緩やかに収束する。ゆらりと中空へ伸ばされた細指が、やがて小さな輝きを掴み取った。
「これが、きみの力の源・・・。」
 夜の帳が下りる。戦場となった廃墟から立ち去る少女の影。その指先では、強大な魔力に瞬く無骨な指輪が、暗い輝きをたたえていた。

-了-
**************************************************